Concept2 大切な家族を守り続ける安心・安全な住まい

いい家づくりは、素材に加えて、設計、施工、性能、価格などあらゆる面でバランスがとれていることが大切です。彩ハウスは地震に強い木構造をベースに、カラダにやさしい素材、エコな仕様、機能的な設備、暮らしやすい間取りやデザイン、そして安心価格。ご予算内でバランスにこだわっています。

大切な家族を守り続ける「安心・安全な住まい」を実現することができる4つの理由

  • 1.高耐震の木の家
  • 2.こだわりの家づくり
  • 3.公的性能・安心基準
  • 4.安心の長期サポート
理由1

彩ハウスは高耐震の木の家。

柱と梁で構成された木造軸組工法の良さを活かしながら、壁には高強度のオリジナルパネルを採用。
軸と面でバランスよく支えるので、巨大地震にも安心の高耐震住宅です。
先進のテクノロジーと職人の腕
地震に強く、省エネ仕様の住まいを、技術と技能に優れた腕利きの職人たちがつくる。それが彩ハウスです。
耐震バランス設計
彩ハウスは、柱の直下率60%以上、耐力壁の直下率60%以上を確保することを設計ルールとしています。国の一般的な耐震基準を上回る厳しいチェックで、すべての住まいを耐震住宅としてご提供しています。
三代受け継いできた匠の技
彩ハウスは、造り付けの家具や建具の提案も行っています。建替えの際、古い家の柱を新居の床の間や建具として再生することなども可能です。
柱・耐力壁の配置と直下率
柱の直下率とは2階の柱の下に1階の柱がくる割合のこと。
耐力壁の直下率とは、2階の耐力壁の下に1階の耐力壁がくる割合のことをいいます。
彩ハウスは、柱の直下率60%以上、耐力壁の直下率60%を確保することをルールとしています。
柱・耐力壁の配置
耐力壁のバランス
耐力壁の配置と偏心率
偏心とは重心と剛心のずれのこと。偏心が大きすぎると巨大地震の際、建物はねじれるよう壊れてしまう可能性があります。彩ハウスは、耐力壁の偏心率9%を設計ルールとしています。
・重心=建物の重さの中心。 ・剛心=建物の強さの中心で、壁の配置の隔たりで決まる。
理由2

基礎、床、柱。随所にこだわりの家づくり。

建物が丈夫であることはもちろんですが、長く快適に暮らすためには、やさしさも大切です。
からだに優しい自然素材を選ぶことや、自然の風や光を感じられる設計の工夫、家族が自然に集まる間取りなど、
家全体をやさしい視点でバランス良くデザインすることにもこだわります。

地盤・基礎

まずはしっかり地盤調査
建築予定の土地が、家をしっかり支えられる地盤かどうかを入念に調査。地耐力や地質の調査結果に応じて、敷地に最適な基礎づくりをご提案しています。
地盤調査
配筋量が多い鉄筋の基礎
一般的な住宅の基礎配筋は、250〜300ミリピッチ。彩ハウスは200ミリピッチでぎっしり配筋されているので丈夫です。
鉄筋の基礎
幅150ミリ。頑丈なベタ基礎
一般的な住宅の基礎幅は、120ミリですが、彩ハウスの基礎は幅150ミリのベタ基礎。一枚岩のような頑丈な基礎で建物の加重を受け止めます。
ベタ基礎
メンテしやすい、ヘッダー配管
床下に設置したヘッダーから各給水栓まで配管を分岐させず、直接給水するシステムを採用。水回りのメンテナンスやリフォームに対応しやすいので、将来も安心です。
ヘッダー配管

土台・床

丈夫な床束
床を支える部分には、鋼製束を使用。溶融亜鉛メッキ処理でサビや白アリに強いので、末永く床を支えます。
床束
白アリに強い土台
基礎の上で、建物全体を支える土台には、白アリが嫌うヒノキチオールを多く含むヒバを使用。大切な住まいを、白アリから守ります。
土台
三層剛床
梁に根太(ねだ)を落とし込み、その上に24ミリの構造用合板、石膏ボード、床材を三層に積み上げます。耐震性と遮音性が高まります。
三層剛床
梁組工法
二階の床は、梁組のピッチが狭く、剛性の高い梁組工法を採用。地震の際のねじれが少なく、耐震性が高まります。
梁組工法

柱・梁

含水率15%以下の無垢材
彩ハウスは、構造材に含水率15%以下の無垢材を使用。木を接着剤で貼り合わせた集成材は一切使いません。水分を15%以下まで下げた無垢材なら、曲げや圧縮強度が飛躍的に強くなり、収縮や変形が少ないので、高耐震長寿命の家づくりが実現します。
無垢材
高精細刻みのプレカット部品
あらかじめ精密加工されているので、短工期で狂いの少ない木の家づくりが実現します。
プレカット部品
埼玉県産の天然無垢材
埼玉で建てる家には、地元の気候で育った木が一番。彩ハウスは、埼玉県産のスギやヒノキを使っています。
埼玉県産の天然無垢材
彩の樹
埼玉県産の天然無垢材に高温乾燥を施した後、含水率、ヤング率を測定し、基準を満たした木だけに、「彩の樹」の銘が刻印されます。
彩の樹
シックハウス対策
建築部材はすべて、有害物質に最も厳しい基準のF☆☆☆☆(フォースター)を使用。
24時間全熱交換型換気システムと併せて、キレイな空気で暮らせる住まいです。
耐力壁のバランス
外壁通気工法
外壁材と柱の間に通気層を設けて、壁の中の湿気をスムーズに排出。結露によって壁の内部が腐るのを防ぎます。
理由3

彩ハウスの公的性能、安心基準。

家族がいつまでも安心して暮らせる家を建てるには、しっかりした性能基準でつくること。
彩ハウスは、耐震性・耐久性などのモノサシとなる住宅性能表示制度や、
長期優良住宅制度、新しい省エネ基準など様々な公的基準をクリアできる高性能住宅ですから安心です。

住宅性能表示制度7項目で最高等級対応

彩ハウスは、住宅の性能を客観的に比較できる住宅性能表示制度の7項目で最高等級に対応。
耐震性、耐久性、省エネなど住まいの基本性能がしっかりしていますので、
末永く安心して暮らして頂ける住まいです。
※標準仕様での性能等級となります。お客さまのプランや条件の変更で性能表示が異なる場合がございます。
※性能表示制度をご利用の場合は、別途申請費用が必要となります。

長期優良住宅に適合

古くなったら壊すという昭和型の家づくりを見直し、長持ちする家づくりを推奨する目的で、
2009年から国が始めた長期優良住宅の認定事業。
「劣化対策」「耐震性」「維持管理・更新の容易性」「可変性」「バリアフリー性」
「省エネルギー性」「居住環境」「住戸面積」「維持保全計画」
9つの基準に適合した
住宅だけが長期優良住宅として認定されます。彩ハウスは長期優良住宅の基準に適合。
お子様、お孫様の世代まで安心して住み継いで頂ける住まいです。
また長期優良住宅なら、住宅ローン減税の優遇措置やローン金利の優遇など、
さまざまなお得な制度の活用も可能です。
平成25年 省エネ基準をクリア
彩ハウスは、平成25年に設定された新しい省エネ基準をクリアするエコ住宅。高性能断熱材で壁や床をしっかり断熱。さらに、省エネ性の高いサッシやガラスで窓を断熱。冷暖房のエネルギーロスを抑えることで、無駄なく快適な暮らしが実現します。
2020年 住宅品質基準にも対応
さらに、彩ハウスは、全国の工務店認定で独自に設定した「2020年住宅品質基準」にも対応。低炭素住宅など今後求められる省エネ基準にいち早く対応するエコで快適な住まいです。
省令準耐火にも対応
彩ハウスは省令準耐火にも対応します。省令準耐火仕様は、コンクリート住宅や鉄骨住宅同様に火に強い構造に分類され、火災保険や地震保険料は一般木造住宅の約半分になります。
ECOLOGY×PASSIVEDESIGN 【エコロジー×パッシブデザイン】
冬は南面の大きな窓からあたたかい陽射しを取り込み、夏は深い軒の出で強い陽射しをとシャットアウト。
さらに、東西や北側の窓の適切な配置と間取りの工夫で、風の通り道をつくるなど日射・採光・通風に配慮したエコロジーでパッシブなデザインです。
スマートエコ換気システム
(右上)夏は冷えた地中熱を利用 (右下)冬は温かい地中熱を利用
地中熱を利用した省エネ型の24時間換気。花粉を99.8%カット、ダストを95%カットする高性能吸気フィルターつき。地中と排気熱で冷やされた(暖められた)床下温度は安定し、健康で快適な室内環境を作り出します。
理由4

安心の長期サポート

私たちはお客様とのコミュニケーションを大切に考えています。
家づくりには、性能やデザイン、間取りなど、大切な要素がたくさんありますが、本当に満足のいく家を建てるには、
まず、お客様と住宅会社とのコミュニケーションがとても大切です。
お客様ご家族のライフスタイルや価値観を理解するくらいのコミュニケーションがとれていれば、
お仕着せではなく、満足度の高い家づくりをご提案できるのだと思います。
そのために、私たちのスタッフは、親しみやすく、話しやすく、誠実な人たちを揃えています。お気軽にご相談ください。

家づくりセミナーやB級グルメカフェ、餅つき大会など皆様とふれあえる場をたくさん設けています。

IRODORI Celebration 着工式、引き渡し式

家づくりの節目となる着工や完成の際に、私たちとお客様で、着工式や引き渡し式などのセレモニーを行っています。
1.着工式
家づくりを始める前に、お施主様と工事関係スタッフ全員の顔合わせの場となる着工式。現場責任者や大工さんをはじめ、基礎屋さん、電気工事屋さん、水道工事屋さん、左官屋さんなどなど、家づくりにかかわる職人を事前に知って頂くことで、工事中も気兼ねなく現場を出入りして頂けます。
着工式
2.地鎮祭
着工にあたり、土地にお祈りし、工事の安全と建物の繁栄を祈る日本の伝統行事である地鎮祭。ご希望に応じて、神主さんをお招きして神様にお供え物をし、祝詞(のりと)をあげ、お祓いをして浄め、最初の鍬(くわ)や鋤(すき)を入れ、工事の無事を祈る儀式を行います。
地鎮祭
3.上棟立会い(または上棟式)
柱や梁など建物の主な骨組が完成し、屋根があがった時点で、建物の状況を確認する上棟立ち会いを行います。その際、以前のようにお酒を振るまったりする上棟式は少なくなりましたが、お施主様のご希望があれば、餅まきなどのセレモニーを実施しています。
上棟式
4.引き渡し式
建物が完成し、完了検査に合格した後は、いよいよお引渡し。当社では、新居でのご家族の幸せを願って、お引き渡し式を開催。テープカットとともに、新しい暮らしをスタートさせて頂きます。また、引き渡し式から、私たちとお客様の生涯のおつきあいもはじまります。世代を超えておつきあい頂ける様、心がけて参ります。
引き渡し式
工程別現場検査と責任者チェック

IRODORI Support 彩アフターサポート

建てる前はもちろん、建ててからもずっと安心して暮らして頂きたい。私たちは、お引き渡し後も、お客様ご家族と世代を超えて末永くお付き合いさせて頂ければと思っています。
365日24時間、住まいの緊急対応サービス
休日や深夜を問わず365日、水漏れや設備のトラブルなどに対応。
安全・安心・快適な暮らしをサポートします。
20年長期保証
10年目点検時に補修が必要な部分があった際は、メンテナンス工事(有償)を受けて
いただくことで、主要な構造躯体を20年間長期保証。末永く安心の家づくりを実施しています。
無料定期点検とアフターサービス
お引き渡し後も安心して暮らしていただけるよう、長期保証とアフターサポートを実施。
ご入居後、半年、1年、2年、3年、5年、10年の節目に当社スタッフがお伺いいたします。
年中無休24時間対応

IRODORI Club 彩クラブ

ご入居後のお客様と末永くおつきあいしたい。その想いから生まれた「彩クラブ」では、ご入居者様とつながる様々なイベントを開催。毎年夏に開催されるバーベキュー大会は、昔から大切にしている恒例のイベントとなっています。
クラブ活動

彩ハウス家づくりの3つの強みと特徴

資料請求はコチラから イベント情報はコチラから