Vol.010 ゼロエネルギーで、暮らそう。

一覧に戻る>

株式会社いのうえ工務店は経済産業省の外郭団体である一般社団法人環境共創イニシアチブ(SII)が公募した

ZEH登録ビルダーに認定されました。

ZEH(ゼッチ)とは?>
Net Zero Energy House(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)の略称です。住宅の高断熱化と高効率設備により、

快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に

消費する正味(ネット)のエネルギー消費量が概ねゼロ以下となる住宅です。

 

ZEHビルダーとは?>

2014年4月の閣議決定「エネルギー基本計画」において、「住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、

2030年までに新築住宅の平均で、住宅の年間の一次エネルギー消費量が正味でゼロとなる住宅( ZEH )の実現を

目指す」とする政策目標が制定されました。

経済産業省は2016年4月、「住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業費補助金ZEH支援事業」における

ZEHビルダー登録制度の概要案を公表しました。この制度は補助金事業執行団体にて、登録要件を満たす工務店や

ハウスメーカー、建築設計事務所などを対象として公募を行い、「 ZEHビルダー」として登録するものです。

ZEHビルダーは、自社のZEH(Nearly ZEHを含む)が占める割合を2020年度までに50%以上となるZEH普及目標を

自社のホームページや会社概要などで公表して、これの実現に努める必要があります。

当社は平成28年ZEHビルダーに登録し、以下の通り2020年度に向けたZEH普及率目標を策定しました。

※ZEHの詳しい内容や補助金等につきましては、弊社にお気軽にご相談下さい。

 

<ZEH普及率目標・実績報告>

2020年までの普及率目標より、2016年度(H28)は普及目標10%に対し実績11%と目標を達成いたしましたが、

2017年度(H29)は目標20%に対し実績9%と目標未達に終わりました。2018年度(H30)はホームページやモデル

ハウスによる体験会、セミナー・勉強会などを通じて、ZEHをより身近に感じていただくことにより2018年度(H30)の

普及目標30%に向けて引き続き取り組んで参ります。

 

ZEHの周知・普及に向けた具体策

省エネルギー勉強会を開催して、ZEHの必要性やメリット(経済性・快適性・健康優良)等を伝える。

イベント開催時に特別キャンペーン等と称して建売住宅(モデルハウス)の販売または注文住宅の受注を図る。

ホームページ上に専用ページを設ける。

 

2018.4.23
一覧へ戻る